仮想通貨の詐欺コイン一覧を一挙解説!よくある詐欺手口の見分け方とは?

仮想通貨の詐欺コイン一覧を一挙解説します

ビットコインを初めとする仮想通貨は変わらない人気を博していますが、中には詐欺コインにおける被害が増加しています。

人気の仮想通貨で利益を出したい人にとって、詐欺コインによる被害に遭ってしまう可能性は十分にあるでしょう。詐欺コインの被害に遭わないためにも、どのような詐欺コインがあるのか、その特徴や見分け方について知る必要性があります。

それでは、当事務所の仮想通貨詐欺調査に強い調査員が仮想通貨における詐欺コインの一覧についてご説明しましょう。

こんな人にオススメ!
  • 仮想通貨取引を始めようと思っている人
  • 詐欺コインの見分け方を知りたい人
  • 仮想通貨取引で詐欺被害に遭っている可能性がある人
   
以下に当てはまる方は、至急ご相談ください!!
海外FX詐欺/マッチング詐欺の被害急増中!
●外国人に投資で騙された
●投資金が出金できない
●詐欺師からお金を取り返したい
●弁護士に依頼を断られた
東京中央信用調査が銀行口座の情報や仮想通貨取引所などの情報から詐欺師を特定し、その後弁護士へ依頼することで返還請求 を可能にします。

24時間365日ご相談は無料なので、まずはお気軽にご相談ください。

\LINEで気軽に相談可能!/

詐欺コインとは?

詐欺コインとは?
仮想通貨における詐欺の一つとして横行しているのが、正規で使うことができない詐欺師御用達の詐欺コインです。

詐欺コインとは実際に実在する仮想通貨ですが、資金を調達するためだけに存在する未公開の仮想通貨なのが最大の特徴です。もちろん未公開だからといって必ずしも詐欺コインだと断定することはできません。

後でハッキリと公開されれば詐欺コインではなくなりますが、詐欺コインの場合は結局公開せずに調達した資金を持ち逃げするのが最大の特徴です。

詐欺コインの被害に遭った事例は数知れず、なまじ詐欺コインだと見わけがつきづらいために詐欺コインを活用した詐欺が横行しています。

詐欺コインの特徴や見分け方が分かれば、被害に遭わずに済むでしょう。

仮想通貨詐欺によく使われる詐欺コイン一覧

仮想通貨詐欺によく使われる詐欺コイン一覧
仮想通貨自体は、知名度が高いもの以外は本物かどうかわかりません。詐欺のような話でも上がってしまうことがあるのも仮想通貨の特徴です。

まずは、詐欺サイトである可能性が高いと言われているコインをまとめてご紹介します。

  • ADA Coin (エイダコイン)
  • Aloha Coin(アロハコイン)
  • Asset Coin (アセットコイン)
  • Atom Coin(アトムコイン)
  • AWA Coin(アワコイン)
  • Baysia Coin(ベイジアコイン)
  • BTU(ビットユニオン)
  • 0ban(コバン)
  • Circle Coin(サークルコイン)
  • Clover Coin(クローバーコイン)
  • Credit Coin(クレジットコイン)
  • D Coin(Dコイン)
  • Digital Gold Coin(デジタルゴールドコイン)
  • Dircoin(ディールコイン)
  • Eternal Coin(エターナルコイン)
  • Fusion Coin(フュージョンコイン)
  • Futcoin(フートコイン)
  • GARUDA-Coin(ガルーダコイン)
  • Gem Coin(ジェムコイン)
  • Hit Coin(ヒットコイン)
  • Hold Coin(ホールドコイン)
  • Jewel Coin(ジュエルコイン)
  • KEY’token(キートークン)
  • LEO Coin(レオコイン)
  • Linked Coin(リンクドコイン)
  • M Coin(エムコイン)
  • Mold Coin(モルドコイン)
  • NAGEZENI(ナゲゼニ)
  • NOAH Coin(ノアコイン)
  • Ocean Coin(オーシャンコイン)
  • One Coin(ワンコイン)
  • PABYOSI COIN(パビョシコイン)
  • Planet Coin(プラネットコイン)
  • Port Coin(ポートコイン)
  • SmASH(スマッシュ)
  • TAOCOIN(タオコイン)
  • True Life Coin(トゥルーライフコイン)
  • World Peace Coin(ワールドピースコイン)
  • WOW-e-Coin(華コイン)
  • XID Coin(XIDコイン)
  • XEP Coin(XEPコイン)
  • XNC Coin(XNCコイン)
  • XRC Reglus Coin(XRCレグルスコイン)
  • Yes! Gold Coin(イエスゴールドコイン)

参考:詐欺との噂がある仮想通貨一覧

ここからは、上記のなかでも仮想通貨詐欺によく使われることが多い5つのコインの特徴や見分け方を解説します。

クローバーコインの特徴と見分け方

クローバーコインは48ホールディングスという運営会社が発行していた詐欺コインです。

クローバーコインの特徴は、以下の通りです。

  • レベルアップができる
  • 日本のビットコインの第一人者がプロデュースした
  • 購入するとリップルコインがプレゼントされる

まず、クローバーコインを売却した量に応じて会員レベルが上げられるルースが存在していました。他にも、他のユーザーに紹介して購入してもらうことで、購入額の60%が報酬として受け取れるのも特徴です。

また、クローバーコインは日本のビットコインの第一人者がプロデュースしたと大々的に宣伝されていましたが、根拠に乏しい情報なので信用はできません。

さらにクローバーコインを購入すると購入した2割分のリップルコインがもらえるキャンペーンが行われていましたが、あたかも自社でしか購入できないと宣伝していました。

クローバーコインを見分けるには、事前情報を確認するのはもちろん、マルチ商法や絶対に儲かるという誇大広告や過剰な宣伝を行っていることで見分けられるでしょう。

ノアコインの特徴と見分け方

ノアコインはフィリピンの社会問題を解決するために作られた仮想通貨のが最大の特徴です。

しかし、フィリピンの社会問題を解決するために作られたはずなのに、なぜか日本が関わっているのが非常に怪しい点です。なぜなら、国の問題なのに日本が関わってくると、内政干渉に当たってしまいます。

内政干渉に当たる以上は政府から何らかの発表が必ずあるはずですが、その話題も何もない時点で詐欺コインに該当するでしょう。

過剰な宣伝をしているのも見分けるポイントです。ノアコインは時価総額1,000兆円を超えると宣伝されていますが、人気が高いビットコインですら時価総額20兆円なので、非現実的な数字となっています。

TLCコインの特徴と見分け方

TLCコインは次世代のビットコインを目指している仮想通貨ですが、詐欺の可能性があるコインでもあります。

まず、TLCコインは最低購入金額が非常に高く、とても初心者が継続して購入できる金額ではないのが特徴です。やっと購入できたとしても、未公開のコインなので持ち逃げされる可能性がないわけではありません。

仮想通貨取引所に上場するという話もあるようですが、2020年6月にはTLCコインの仕様説明をしていた公式サイトの解説文が削除され、大幅に修正されたことでますます怪しさを増しています。

未だに上場できていないという時点で、見分け方も簡単です。

サークルコインの特徴と見分け方

サークルコインはアフィリエイトに力を入れている仮想通貨ですが、上場していないので確実に詐欺コインです。どの取引所もサークルコインを扱っていませんし、何よりアフィリエイトに力を入れているということで宣伝して購入させようとする魂胆が見え見えです。

そもそも取引所に上場する予定がなく、上場する気すらないというのが大きな特長でしょう。既に発行していると謳っているものの、どこの取引所も扱っていないので詐欺コインだと見分けられます。

ジュエルコインの特徴と見分け方

ジュエルコインはサンビア共和国の公式サイトにて採掘されたアクアマリンを利用して発行したそうですが、2017年2月16日に更新したのを最後に、それ以降は全く更新されていません。

サイトが全く動いていない以上、詐欺コインの可能性が高いでしょう。

関連記事

「仮想通貨で絶対に儲かるから投資をしないか?」 「マッチングアプリで知り合った外国人から仮想通貨への投資を持ちかけられたのだがその後連絡が途絶えてしまった」 このような被害にあったとき、なんとしても相手に刑罰を与えたい、お金を1円で[…]

まとめ

まとめ
仮想通貨において安心して取引できるかどうかは、そのコインが取引所に上場しているかどうかが判断するポイントの一つです。

これから仮想通貨を始めるのであれば、詐欺コインの被害に遭わないように情報収集を怠らないようにしましょう。

東京中央信用調査ではビットコインを代表とする仮想通貨詐欺調査に強い探偵・調査会社として詐欺被害に遭った方への無料相談を実施しています。

まずは仮想通貨における詐欺コインの被害に遭った方は、ご相談は24時間無料で受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

\海外FX詐欺の無料相談受付中!!/
ターゲットを追跡&特定!!_東京中央信用調査

東京中央信用調査では海外FX詐欺被害の無料相談を受け付けています。

・SNSやマッチングアプリで知り合った外国人に騙された
・警察に相談したが、海外までは捜査できないと言われた
・着手金が高くて弁護士には依頼できそうにない

上記の内容でお困りの方は、お早めに東京中央信用調査までご相談ください。
銀行口座の情報や仮想通貨取引所などの情報から詐欺師を特定し、その後弁護士へ依頼することで返還請求を可能にします。

 

\24時間365日受付!/

※ご相談は無料です     

>国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!

国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!

SNSやマッチングアプリ経由で投資に勧誘され、お金を騙し取られる『国際ロマンス詐欺』の被害が急増しています。当所へのご相談も増えていることから、無料相談窓口を設けましたのでお気軽にご相談ください。

CTR IMG
\LINEで気軽に24時間相談可能!/
FX/仮想通貨詐欺の調査依頼・無料相談はこちら