【原野商法】亡父が遺した土地を4,000万円で買い取るという救世主が・・・実は詐欺師だった!

アイキャッチ

◆被害者プロフィール

  • ペンネーム:笑心(Emiko)☆
  • 年齢:54歳

20年前にこっぴどい失恋(!)を経験してからというもの、ずっとオールドミスで通してきた私。今は預金通帳の数字が恋人。

けれど3年前に亡くなった父から相続した那須の土地が問題。父が生前、原野商法で騙されて購入したもので頭痛の種でした。せめて笑って過ごそうと前を向き始めた時、親子ほど離れた若い男の子が訪ねてきます。

土地開発業者のエースと自称する彼は4,000万円で土地を買い取ると私に持ちかけてきて・・・

冴えない私に若くてハンサムな訪問者!

ハンサムな訪問者

田舎で細々と暮らしている私。ある日、若くてハンサムな訪問者がやってきました。

彼は何度か電話をかけてきたのですが、つながらなかったので、直接挨拶に来たということでした。

名刺を見ると、宅地建物取引業の免許を持っている業者だったのです。

用事は「あなたが相続されている那須の土地について」とのことでした。

「あなたが生まれるずっと前のことよ?」

と聞いたところ、

「ええ、わかっています。だから勉強しました。僕、これでも根が真面目な会社のエースなんで(笑)」

と飄々と答えてきました。

疑り深く土地の所有者や住所のことを聞いてみたのですが、すべて正確に答えてくれました。

運命?それとも必然?

それとも必然

恐らく本物の業者さんだし、東京から来たらしく疲れていそうで、立ち話もなんだから、と思った私は彼を家にあげました。

今思えば、お父ちゃんの土地に関連した業者さんだとはいえ、知らない人を自宅に上げることは、ちょっと危険かもしれません。私も少し疲れていたのか、そのあたりのことを考えるのが、少しお留守になってしまったのです。

彼はというと、家に上げるときも、小さな声で、興味なさげに

「お邪魔します・・・」

と言って上がってきたのですが、私は彼が疲れているのだろうと勝手に勘違いしてしまったのです。

これも今思えば、恐らく私の感じや雰囲気に合わせて

「さも自分は業務命令でここに来させられているだけで、正直、こんな田舎に来たのは嫌だ・・・」

ということを私に暗に伝えようとしたのではないか、と思うのです。(そういう作戦的な)

まあ流石にお茶くらい出すわ、と思いキッチンに立った私。彼は私がお茶を淹れるのを見ていて、

「おかまいなく」

と言っていましたが、私は

「これもビジネスマナーよねえ・・・ちゃんと教育されているじゃない。いや、育ちが良いのか?」

とか考えながらお茶を淹れました。

そのお茶を一服して、それから彼は、私にこう言ってきました。

「・・・私は、あなたのお父様の土地を買って、開発したいと思っています。正確には、私の会社が、ですが。」
「え?」

私はびっくりしました。

「なんで?」

私は言ってしまったのです。

彼は私にこう返してきました。

「なぜなら、あなたのお父さんは私にその土地を買ってもらうことを望んでいるからです。」

何いってんだコイツ、と思うやいなや、そう言って彼は立ち上がって、彼は父の仏壇に手を合わせ、お線香もあげてくれました。(恐ろしいことに、仏壇を見て宗派まで分かったようで・・・彼はお線香を正式な作法にのっとって、あげてくれました)

まあこれだけだと単に怪しい業者なのですが、更に私の心は彼の言動で刺されます。

自宅に置いてあった私の趣味のグッズ(恥ずかしすぎるので割愛しますが、某アイドルです)に興味をもったのです。

すると彼、趣味が同じだったそうで、、、問答を仕掛けましたが、知識も深い。ガチ勢。これで私は、いろいろな要素をすっ飛ばして、彼を「仲間」だと思ってしまったのです。

デベロッパーのエース

デベロッパーのエース

よくよく話を聞けば、彼はデベロッパーという業種のエースだということでした。

那須別荘地といって昔原野商法が流行った土地があるのですが、そこが大規模開発の対象に浮上しているとのことでした。

なんでも最近、昭和の時代に原野商法で買わされた土地や地所の値段が「本当に」上がってしまった、というのです。

そこで、その土地を買って、開発して、建物を建てて、売却まで持っていく、というのが彼の大まかな仕事ですが、彼の仕事は

「私のように原野商法の被害にあった人の相続人世代を回って、土地を買い取らせてもらえないか、と持ちかける、いわば人助けにも近いWin-Winの仕事」

ということでした。

そういった事情で、今回の土地を4,000万円で買い取りたい、当社としてはそれでも利益が出る、よってあなたのところを訪ねたのです、と言われたのです。

ただ、彼としては

「本当は電話一本でも良い話ではあるんですが、何分最近は詐欺も多くって。電話だと話を聴いてもらえないから、こうして本気度を見せるために訪問しているって話もありますけどね~」

ということでした。

これで、おおよその納得は行きました(行ってしまった私も悪い)

4,000万円のチカラ

4000万円のチカラ

4,000万円!私は

「ああ、お父ちゃんがついにやった!やってくれた!」

と思いました。

本当に心から嬉しくなってしまって、山林が売れるならお願いしたいと、私は若い彼にお願いしたのです。

すると彼は簡単に私の本人確認をして(免許証とかを確認されました)、また来ると去っていったのです。あっという間の話に思えました。

あと、ちゃんと

「お茶、ごちそう様でした」

と言ってくれたのも、ギャップ萌えで刺さりました・・・。

「裏」が取れちゃった!

裏が取れちゃった

ただ、私もバカじゃないわけで・・・彼が帰ったあと、彼の言動、会社など、ちゃんと調べてみたのです。すると、ちゃんと存在する業者でした。彼のSNSも見つかりました。

続いて、那須(正確には、もう少し細かい地名がありますが身バレ防止で那須としておきます)の土地が本当に開発されるの?という話。

リサーチ方法としては、文明の利器・・・インターネット。そうです、我らにはインターネットがあるではありませんか。インターネットといってもバカにできませんよ?

インターネット歴ウン十年、ダイヤルアップの時代からオタクをやっている私の情報力をナメてもらっては困ります。

新聞記事、地元の掲示板、5ch、まちBBS、果ては爆○イまで、あらゆるところを検索しました。

その結果、、確かに小さな話題だったんですが、開発の話そのものはあるようでした。根拠としては、地元民と思われる方のSNSでした。

投稿には、

「今日バイト先で那須町の開発がどうこう、という話をしてた人がいる」

とか、

「東京から来た不動産会社を乗せることが多くなった」

というタクシー運転手の方の投稿、そして

「ららぽーとの出店があるかも、という話が職場で出た」

などなど、恐らく地域としてもにわかに沸き上がっているのでは?と思える投稿がありました。

しかし、公式の情報ソースは・・・ありませんでした。

でもこれが逆に

「開発の話が出ている段階なら、まあ、こんなもんだろう」

と思ってしまったのです。

こういった土地開発の話はある程度固まるまで正式には発表しないだろうし、逆に地元の情報レベルの方が真実味がある、と判断してしまいました。

「あなたは幸せになるべきだから」

あなたは幸せになるべき

まあ、彼には調査をお願いしているわけですから、当然話は進んでいきます。私もお父ちゃんの仏壇に

「お父ちゃん、あの土地、何とかなりそうだよ」

と話しかける毎日。

何なら、お線香もちょっと高いのを買ってきました。

そして、そんなこんなで後日。彼が

「現地調査を行ってきた」

報告の電話をよこしてきました。

彼いわく

「土地もちゃんとあったし、不法に誰かが使っているといった問題もない。車の違法駐車もない。だから問題なく買い取れそうだが、時間が経過して立木がすごい!なにこれ!!」

とのこと。(そりゃそうだ)

ということで、買い主に引き渡すためには、どうしても伐採整地が必要とのこと。

彼が言うには

「この手の土地取引の場合、伐採・整地は売り主がやらなければならないです。この規模の土地の場合、伐採整地費は結構かかりそう」

だそうです。

はは~ん、と。私はこれでカモられているんだな?と思い、

「手出しでお金がかかるなら、さすがに無理です。残念です。それでは、キャンセルでお願いします。」

と、電話を切ろうとしました。

しかし!!

さらに彼は続けるんです。

「いや、信頼できなければそれでも良いんですけど・・・

ただ、どう考えてもお得だと思いますよ。個人的に僕なら費用払ってでも売りたいですもん。

ビット○インより確実に儲かるまでありますよね。

・・・まあ、確かに費用はかかっちゃうから・・・そうですね、一応、個人的に知り合いがやっている整地業者を知っているから、特別に安値で紹介することは出来ます。オタクのよしみで。」

といってくれたのです。

ちょっとここで心が動きました。

そして、ギャップ萌え男子はこう、電話で続けました。

「あなたは幸せになるべきだから、、」

ぶっきらぼうに言いました。

撃沈です。泣きました。

これが、これこそが!!私には刺さったのです。

100万円は利益のため?それとも彼に逢うため?

それとも彼に逢うため?

100万円。大金です。通帳から数十万円ずつ、合計100万円が消えるって想像つきますか?

しかも、

「いや、本当は振り込みでいいんだけど、なんとなく顔出して手集金にしたほうが良いかなって・・・」

と、毎回彼が言ってくるようなシチュエーションに、すっかりやられたんです。

結論から言えば、いつしかお金の目的は「彼に逢うため」にすりかわっていました。

それまではお互いにLINEやメールでやり取りしていただけでしたが、彼は休日になると伐採業者との打ち合わせなどで那須の現地までわざわざ(それこそお給料も出ないだろうに・・・)飛び、現場写真をLINEしてくれたりしていました。

ここまでしてくれる彼に淡い恋心をいだいた私は、もはや彼に

「〇〇の作業で見積もり、安くできたよ。代わりにすぐに振り込んでくださいね」

などと頼まれれば、すぐに振り込んでいました。

結果的に那須の土地を売却するために必要な伐採、整地、測量などの調査費用で数十万円ずつ費用がかかったのですが、とにかく誠意的で安心できるやり取りだったので、毎回支払ってしまったのです。その合計金額が、冒頭の100万円。

そして、何度も言いますが、これは利益のためではなく、、彼に逢うためでした。

節税対策の裏技とクーリングオフの神話

クーリングオフ

そうこうしている間に、土地の整地もだいぶ進み、、いよいよ土地を売却出来る様な状態になったと彼から連絡がありました。

そして、ある日。彼から

「最後の裏技として、節税対策で会社から50万円ほど請求されるけど、安心して払っていいよ。この節税対策は、本当は人には教えちゃいけないんだ。

でも、俺からも会社には話を通しておくから、、、内緒だよ?」

と言われました。(ここまで来ると、もはやタメ語。それが心地よかったです)

私はこれまで彼からのアドバイスに従ってきたので、もはや何の疑問も持たずに50万円を支払ってしまいました。

お金と自尊心を返して!

お金と自尊心を返して

その「節税対策のお金」を支払ってから2週間。

彼からの連絡が明らかに増え、私は毎日彼と連絡を取っていました。

他愛もない話から、時々ちょっとドキっとさせるような恋バナまで。

そんなある日。

彼から着信。

「実家の姉が病気で入院した。腹を切る手術をしなければならないから、つきっきりて看病をする。病院も山奥だし、そもそも電波が入らないみたい。

しばらく連絡がつかないけど、心配しないで」

と言われました。

心配しながら1週間待ちました。でも、音沙汰がありませんでした。
ここで、私の理性がようやく(遅い)「もしや」と思わせてくれました。

どういう契約になっているかも謎なまま彼にお金を払いましたが、そもそもきっとこれは、売買契約なはず。一応、クーリングオフの期間を調べると・・・契約日から3週間が経過しており、すでに期限切れ。
さすがに心配になり(というか、やられた!と思いながら)業者に連絡すると

「その件ですが、まだ担当者から連絡は入っておりませんか?その土地の件は買い主の都合がつかなくなり、今回の話は保留になったんですが・・・」

と言われました。

「そんなこと、聞いてないわヨ!」

と彼への連絡を願い出るも・・・

「個人情報なので連絡先は教えられない」

との一点張りで、まるで私がストーカーみたいな扱い。私はいま、お金もそうですが、自尊心を返して欲しいとおもっています。

\原野商法/不動産詐欺の無料相談受付中!!/
東京中央信用調査_悪質な不動産詐欺を徹底調査

東京中央信用調査では原野商法/不動産詐欺被害の無料相談を受け付けています。

・無価値の原野・山林を買わされた
・警察に相談したが、捜査できないと言われた
・着手金が高くて弁護士には依頼できそうにない

上記の内容でお困りの方は、お早めに東京中央信用調査までご相談ください。
土地の情報や会社の登記情報などから詐欺業者を特定し、その後弁護士へ依頼することで返還請求を可能にします。

 

\24時間365日受付!/

※ご相談は無料です     

>国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!

国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!

SNSやマッチングアプリ経由で投資に勧誘され、お金を騙し取られる『国際ロマンス詐欺』の被害が急増しています。当所へのご相談も増えていることから、無料相談窓口を設けましたのでお気軽にご相談ください。

CTR IMG
\LINEで気軽に24時間相談可能!/
原野商法/不動産詐欺の調査依頼・無料相談はこちら