【体験談】情報商材詐欺からの融資保証金詐欺!自称「ダメリーマン」の独白

【体験談】情報商材詐欺からの融資保証金詐欺!自称「ダメリーマン」の独白

お世話になります。

神奈川県在住、41歳双子のパパです。

嫁さんには今、出ていかれそうになっている限界パパです(苦笑)

今回は私がバカなことをしたばかりに、なけなしのお金と個人情報を詐欺師に奪われてしまった時の話をザンゲとして書きたいと思います。

申し訳ないのですが、特に解決した!みたいな逆転劇はありません。(ま、これからあるかもしれませんが・・・)

(自称)ダメな男の半生記

(自称)ダメな男の半生記

私は、いわゆる「情報弱者」が嫌いです。それは、テレビや新聞などのメディア(それもバリバリ偏向報道の)からしか情報を得られない人ということです。インターネットやスマホが普及している昨今において、それは情報を得ることにおける怠惰であり、怠慢であると考えています。

というのも、私はかつて某大手企業の法人営業部の中の営業推進課に勤務しており、それこそ意識高い系の中心にいました。そして、毎日IT機器を使いこなしていました。

当時はまだガラケーが主流の時代でしたので、仕事で使うツールといえば携帯電話、タブレット端末(まだギリギリPDAの時代です)、ノートパソコンといったところでしたが、私はそれらの機器を駆使しながら仕事をこなしていたものです。

さて、そんな中での出来事なのですが・・・。ある日のこと、私は出張に出掛けることになりました。新幹線での移動ですので、当然、移動中も仕事をするつもりでした。

そして座席に座りながらメールチェックをしている時に、ふと目に入ったサイトがありました。

(ん?なんだ?このサイト?)

そのページには、こう書かれていました。

「人生には4つのクワドラントが存在する。すなわちE:従業員、S:自営業、B:ビジネスオーナー、I:投資家である」

といった内容から始まり、どれだけ出世してもEクワドラントに居る限りは一生搾取される側であること、逆に成功するためにはSまたはB・Iクワドラントに行かなければならないことなどを解説していました。

そうです、今や乾いた笑いが起きるでおなじみの「金持ち父さん貧○父さん」です(笑)

もう、それから移動中はすべてクワドラントについて読み漁りました。そしてここからがめちゃバカなんですけども、私はその出張を最後に会社を辞める決意をして辞表を提出しました。

過去の栄光

過去の栄光
普通、こういう話をすると脱サラして情報起業の結末としては失敗だと思うじゃないですか?

でも、この時に限っては、ガッチリ稼いでいた時の貯金があったので別に生活に困ることはなかったんです。

むしろ、これでサラリーマンを続ける必要がなくなった分、自由になった気さえしましたね。そして、持ち前の営業力もあったのか、そこそこ情報商材が売れていきました。

年間で1500はいっていたと思います。ただし、この時私がやっていたのは

「自分で売れ筋の商材を買ってきてリライトしたり自己流に改造したものを、自分のメルマガで売る」

という方法で、実際には有名というわけではありませんでした。

当時、ガラケーでの情報商材がニッチなマーケットになっていて、当時のミニ○ぐさんにはめちゃくちゃお世話になりました。来る日も来る日も相互紹介をしていただき、かなり栄光を味わいました。

嫁の出産と情報商材バブル崩壊

嫁の出産と情報商材バブル崩壊
この頃、嫁が双子を出産し、自分もますます商売を頑張らないと!と思っていたのですが、ちょうどこの時期あたりからでしょうか、私の収入は徐々に減り始めました。もちろん原因はわかっています。

例の情報商材ブームが終わりを告げたからです。あれだけ売れていた商材も次第に販売数が減っていき、最終的には1ヶ月で10本くらいしか売れなくなりました。

私の場合、セールスレターの作成代行業とかセミナー講師をやっていたわけではないので余計に痛いですね。世の中は徐々に仮想通貨バブルの方にシフトしていき、それに合わせて売れ筋商材も変わっていきました。

復活をかけた人生塾

復活をかけた人生塾

そんな時、私にメルマガだったかFBで声をかけてくれた方が居ました。それが私の師匠となる人物だったのです。彼は私より一回りほど年上の方ですが、とても人間的に尊敬できる人でした。

私も彼に触発され様々なことにチャレンジしていったのですが、やはり結果が伴いません。すると師匠から

「復活をかけた人生塾に参加しないか?」

と言われ、師匠のそのまた師匠という人が毎年離島で開催しているという特別なセミナーに連れて行ってもらいました。

そこで再び人生観がこう、バチバチバチ~!っと変わり、私はそこで紹介された人生塾に参加しました。

これは参加費が100万くらいだったので、今となってはまあ、勉強代くらいだと思っています。そこでは仮想通貨の将来性の話やネットビジネス論など様々な話を聞かせてもらい、さらにそこで出会った仲間と競うかたちで、事業を立ち上げることとなりました。

クレームの集中砲火

クレームの集中砲火
私は塾から紹介された仮想通貨の自動売買ソフトを売るという商材販売の事業を立ち上げ、過去のハウスリスト(※編註:メルマガ配信リストのこと)はもちろん、SNSなどでも片っ端から宣伝活動をしました。

しかしここで問題が発生したのです。確かに、モノは少しづつ、売れていきました。

しかし、なんと私が売った商品に対して問い合わせが殺到したのです。しかも問い合わせ内容はどれも苦情のようなメッセージばかりでした。

「お前のせいで大損させられた!」
「ふざけんな!」
「責任取れ!」

等々・・・ 私はその時初めて気づきました。自分がいかに危険な行為をしていたかを・・・

ただ、こういうのはアフィリエイトですから、苦情は本来仕入先の塾に行くべきものだと思いました。それでそのように案内するメールを送った所、こんどは

「いや特商法表記があなたなんだから、あなたを訴えます」

と来たのです。

そうです、このツールのアフィリエイトは

「販売する人(アフィリエイター)が代理店となり、仕入先からアカウントをまず自分で購入し、それから本人の責任で転売する」

というシステムだったのです。事前に説明されていたかどうかも分からず、さらにクレームのうち数件は本当に弁護士事務所から損害賠償請求が来てしまい、1件ずつ貯金から支払いを行いました。

そして、塾に関しては師匠もろとも連絡がつかなくなりました。結果的に、塾ごと摘発されたみたいですね。

関連記事

詐欺の被害にあい、どうにかして返金をしてもらいたいと考えた場合に、どのような行動をすればいいのでしょうか? 実は、詐欺の解決には弁護士が必要ですが、弁護士に動いてもらうためには身元特定を行う必要があります。その中で探偵は詐欺の被害にあ[…]

人生の転機?

人生の転機?
その後はさすがに懲りて、2度と同じ過ちを繰り返すまいと心に誓いました。そして数年かけて少しずつ事業を立て直していき、なんとか黒字化することができました。

そのタイミングで今度はハイローが逆にアツイと聞き、私は自分で選んだEAツールを複数購入していきました。この時もう貯金もなかったので、黙って妻の生命保険を解約し、それを支払いに回しました。

結果、EAは確かに利益を生んでくれました。

何度かハイローから出金も出来ました。

しかし、あるときハイローから

「自動売買プログラムの利用は許可していない」

と警告が来ました。さすがにヤバイと思い、その時1番調子の良かったツール販売業者に

「ハイローのパトロールを回避できるEAはありますか?」

と聞いたところ

「常連さんだけに売っている、120万のものがある。これなら絶対にバレない」

と言われ、3日後には銀行振込をして購入しました。

もう、貯金も妻の生命保険もなかったので、少しでた利益と、あとは実家の母親の生命保険を使って購入しました。(さすがに親はバレたらヤバイと思い、解約返戻金を借りる方法を使いました)

親&嫁にバレた!

親&嫁にバレた!
結果、稼働して1ヶ月でハイローからアカウントを永久凍結されました。EAの利用がバレたのです。

全額返金保証付きと聞いていたので業者にお金を返してほしいと伝えましたが、業者からは

「返金保証はこちらに問題があった場合のみ対応する。1ヶ月運用できたなら、うちのせいではないから返金しない」

と言われ、そのうち業者のサイトも消え、連絡が取れなくなりました。

そして!!

この最悪のタイミングでまず母から

「生命保険の満期金が降りてこないがどうなっている」

と電話があり、そこで勝手に契約者貸付制度を使われていたことがバレました。

そこで上手くごまかせればよかったですが、うろたえてしまい、結果的に全部ゲロしました。

すると今度は母から嫁に直接電話が行き

「バカ息子が本当に申し訳ない、これこれこうで、もしかしたら○○ちゃんの保険も勝手に解約しているかもしれない」

と伝えていました。

嫁は泣いていました。そして1時間くらいで嫁の保険解約の事実もバレ、結局僕が消費者金融からお金を借りて嫁と母に全額返すことで話がつきました。

あの時のアコムとレイクの審査待ちの電話や「来店契約なら審査出来るかも」という案内は全部が地獄の光景に見えました。

膨らむ借金、地獄の日々

膨らむ借金、地獄の日々
それからというもの、僕は就職活動をしながら副業でチマチマとサイト作りの仕事を探し、自宅でも仕事をして生活費を切り詰めていました。

妻は離婚届を持ってきました。

そんな状況でも、僕を支えてくれたのはやはり家族でした。妻が僕の仕事を手伝ってくれたり、妻の実家からもお金を借りたりしながらなんとか生活していきました。

しかし、限界が来ます。

健康保険料の未納で差し押さえをくらってしまい、最終的には副業の取引先にも役所から照会が入り、結局副業もクビ。

借金の支払い期日も迫っている中、僕はSNSでとにかくお金を貸してくれる人を募りました。

地獄からの生還?

地獄からの生還?
そこからまた奇跡が起こります。ある人が僕に声をかけてくれて、その人の紹介でお金配り系の本物の人がやっている、個人融資を紹介してもらいました。

その方に事情を全部説明したら、なんと400万円まで貸してくれるというのです。すぐにでもお願いしたいと思い、僕は言われるままに免許証の画像や通帳のコピーなどを送りました。

すると今度は

「調査した結果、やはり今の信用状態だと厳しい。だから絶対に逃げない担保として、保証料を融資の10%(40万)振り込んで欲しい」

と言われました。

そんなお金無かったので、当然無理なので、断ったのですが、そしたら今度は

「奥さんとの”行為”を画像と動画で送ってくれたら20万でもいい。夫婦の秘め事を見せてくれたら、さすがに信頼する」

と来て、僕は絶対にやってはいけないことをしました。(ほぼ無理やりしました)

そして、20万は嫁の実家に土下座して、理由もウソついて借り、送りました。

地獄の釜、開く

地獄の釜、開く
振り込んだ翌日、相手のアカウントが突然消えていて連絡が取れなくなりました。その瞬間、心臓が止まるかと思いました。

すぐに相手のアカウント名とIDで検索すると、同じような被害にあった人たちが何人も居たのです。中には50万近く支払っていた人も居て、自分はなんてバカなことをしてしまったのかと後悔の念が押し寄せてきました。

そして、同時にまた恐怖が襲ってきました。そう、またあの地獄がやってくるのではないかと思ったからです。

しかもその翌日くらいから、携帯番号あてにSMSで

「高額融資可能」
「利息0円」
「今ならブラック様に特別キャンペーン実施中!」

とか毎日何件もの迷惑メールが来るようになりました。さらに非通知でも着信があり、サラ金からの電話も加えるとほぼ一日中電話が鳴りっぱなしという状況です。

自宅は自宅でサラ金からの督促の電話が毎日のように鳴り続けています。もう完全にパニック状態になり、とりあえず自分のやったことを反省しながら、どうしたらいいのかと思っています。

関連記事

詐欺の被害にあった場合に問題解決のためにどのような方法があるのでしょうか。相談相手を探しているといろんな選択肢が出てきて迷ってしまう上に、これ以上は詐欺にはあいたくないと考えるのではないでしょうか。 弁護士に相談するのは有効ですが、実[…]

言えない秘密、押し寄せる返済期日

言えない秘密、押し寄せる返済期日
ちなみに僕は今、嫁に動画の件は言えずにいます。

しかし、嫁実家から借りたお金の返済もあり、サラ金への返済もあり、さらに何かを察した嫁からは

「もう限界だから離婚して欲しい」

と言われています。

まさに崖っぷちです。総合すると、僕が悪いのですが、それでもあの詐欺師たちにも責任は絶対にあると思います。

あの人達から少しでもいいので、何とかお金を回収できないでしょうか?そう思って消費者センターや警察、テレビの追跡番組とかにも連絡しまくっていますが、どれも無視されているか、民事だからあなたが悪いと言われておしまいの状況です。

もし同じ立場になったら?と思って、皆さんもくれぐれも気を付けてください。僕も生還できるか分かりませんが、がんばります。もし一発大逆転できたら、その時はまた報告させていただきますね!

\国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!!/
ターゲットを追跡&特定!!_東京中央信用調査

東京中央信用調査では国際ロマンス詐欺被害の無料相談を受け付けています。

・SNSやマッチングアプリで知り合った外国人に騙された
・警察に相談したが、海外までは捜査できないと言われた
・着手金が高くて弁護士には依頼できそうにない

上記の内容でお困りの方は、お早めに東京中央信用調査までご相談ください。
銀行口座の情報や仮想通貨取引所などの情報から詐欺師を特定し、弁護士をご紹介することでその後の返金請求までサポートします。

 

\24時間365日受付!/

※ご相談は無料です     

>国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!

国際ロマンス詐欺の無料相談受付中!

SNSやマッチングアプリ経由で投資に勧誘され、お金を騙し取られる『国際ロマンス詐欺』の被害が急増しています。当所へのご相談も増えていることから、無料相談窓口を設けましたのでお気軽にご相談ください。

CTR IMG
詐欺被害調査についてのご相談はこちら